★料理2・ヨモギ団子の作り方

トップ 自己紹介
私と犬
生け花
ちょっと
料理1
柚と橙
料理3
ゴーヤ
画面
コピー
ブログ
ライン
ソフトを
関連付る
フリーソフト
紹介


全くの我流ですが、どうぞお試しくださいね。


1  ヨモギ団子の作り方
(1) *****<用意するもの>*****
団子は餅米と米粉で作ります。餅より、団子は歯切れが良いです。
@米(玄米または白米)を製粉してもらわれても、米粉を買われても良いです。あまり細かすぎる粉よりは、家庭用の粉ひき機またはミルサーで少し粗めに挽いた粉の方が美味しいです。
我が家では、いつも適当なのですが、米粉1:餅米1の割合にしています。餅米も用意します。
Bヨモギは柔らかい部分を摘んで、重層を少し入れて茹でます。茹でたのが冷えたら固く絞っておきます。 我が家の電気餅つき機は4升搗けますが、混ぜ物をするときは多少少なめにします。 餅米+米粉の合計が3升と仮定して、固く絞ったヨモギがスーパーの豆腐の薄く細長いケースで2〜3個ほどでしょうか。お好みです。 電気餅つき機の場合は、ヨモギを、あらかじめ、すりつぶさなくても大丈夫です。茹でたヨモギは冷凍もしています。
C餅米は洗って1晩、漬け置きしています。
(2) *****<餅つき当日>*****
@漬けた餅米をザルで水切りします。蒸し器に蒸し布を引いて餅米を並べて、蒸し始めます。
A挽いた米粉は熱湯を少しずつ加えて耳たぶより固めになる程度にこねます。つまり米粉に水分が回るようにします。 水分が回っていないと、米粉が蒸し上がりません。耳たぶ程度になったら、片手で握って指の型が付く程度の塊にして、 軽く蒸しあがった餅米の上に並べます。ほろほろと塊がつぶれても構いません。全く固まっていないと、蒸気が上に出ませんので注意です。
B蒸しあがったのを、別の入れ物に入れて、少しだけ冷ましています。
Cいつも作る3升余りに対して、塩を片方の手で握った分量を入れます。団子には必ず塩を使ってください。
D電気餅つき機のスイッチを入れて、餅米部分も米団子部分も入れてください。餅が丸く1塊りになって搗きあがった頃に、 茹でておいたヨモギを入れます。ヨモギが団子に混じるように介助してください。
E搗きあがったら、餅トリ粉(片栗粉かコーンスターチ)を付けて、コウジウタ(木製の細長い入れ物)に入れて、のし餅にします。
(3) *****<翌日以降>*****
@1日か1日半くらいして切り分けて、ビニール袋に小分けして冷凍しています。
(4) *****<ほかの団子たちもお好みで>*****
もちろん、米粉と餅米の団子だけでも美味しいです。 ゴマやショウガ、豆など、砂糖を入れると、もっと搗くのが大変ですが美味しいです。
(5) *****<なお、手軽に、少量の場合は!>*****
米粉+餅米粉+塩を熱湯でこねてチンを繰り返し、茹でて叩いたヨモギを混ぜてさらにチン、これでも少しなら出来そうですよ。 熱湯は入れすぎないように、少しずつ加えられると良いですね。


トップ 自己紹介
私と犬
生け花
ちょっと
料理1
柚と橙
料理3
ゴーヤ
画面
コピー
ブログ
ライン
ソフトを
関連付る
フリーソフト
紹介


inserted by FC2 system