大好きな花たち◆お2(a8)

トップ ◆お1(a7) ◆か1(ka1)

写真をクリック下さると、画面が多少大きくなって見やすくなります。次のページも、ぜひをご覧下さい!。

★オトメギキョウはカンパニュラ→こちら
★オニユリはユリ→こちら
★オランダカイウはカラー→こちら
★オーデコロンミントはミント→こちら

o1501
★オダマキ・西洋オダマキ・ピンク
▼14.4.26撮影
●花期:4月〜5月
◆キンポウゲ科オダマキ属
▲多年草です。オダマキとしていますが、西洋オダマキです。 もう30年以上前から種でも更新しています。今はもっと豪華なのがありますが、これはこれで可愛いです。
この頁の1枚目
o1502
★オダマキ・西洋オダマキ・紫1
▼2007.4.29撮影
●花期:4月〜5月
◆キンポウゲ科オダマキ属
▲多年草です。オダマキとしていますが、西洋オダマキです。 もう30年以上前から種でも更新しています。
この頁の2枚目
o1503
★オダマキ・西洋オダマキ・紫2
▼2007.5.29撮影
●花期:4月〜5月
◆キンポウゲ科オダマキ属属
▲多年草です。オダマキとしていますが、西洋オダマキです。もう30年以上前から種でも更新して います。種も写っています。
この頁の3枚目
o1504
★オダマキ・西洋オダマキ・芯黄色
▼2011.5.6撮影
●花期:4月〜5月
◆キンポウゲ科オダマキ属属
▲多年草です。オダマキとしていますが、西洋オダマキです。 種からかもしれません。苗を買った記憶がありません。
この頁の4枚目
o1511
★オダマキ・西洋オダマキ八重・紫で白縁取り
▼2016.5.7撮影
●花期:4月〜5月
◆キンポウゲ科オダマキ属属
▲多年草です。オダマキとしていますが、西洋オダマキです。 種からかもしれません。苗を買った記憶がありません。
この頁の5枚目
o1601
★オモト・万年青の実・緑
▼2010.11.23撮影
●常緑・実は11月〜5月
◆ユリ科オモト属
▲我が家のは毎年僅かな実です。実が付くと嬉しいです。
この頁の5枚目
o1602
★オモト・万年青の実・斑入り
▼2008.1.1撮影
●常緑・実は11月〜5月
◆ユリ科オモト属
▲斑入り葉、鹿もこの品種では、滅多に実が付きません。
この頁の6枚目
o1603
★オモト・万年青の実と蕾
▼2006.5.9撮影
●常緑・実は11月〜3月
ユリ科オモト◆ユリ科オモト属
▲実が5月に残っていることもあります。蕾が出来ています
この頁の7枚目
o1604
★オモト・万年青の花
▼2008.5.27撮影
●常緑・花は5月〜6月
◆ユリ科オモト属
▲トウモロコシの太さで実の中心が花になっている感じです。
この頁の8枚目
o1605
★オモト・斑入り万年青1
▼2012.1.15撮影
●常緑
◆ユリ科オモト属
▲一番好きな斑入りです。
この頁の9枚目
o1606
★オモト・斑入り万年青2
▼2005.7.7撮影
●常緑
◆ユリ科オモト属
▲白が縁取ります。数個の実が出来たこともあります。。
この頁の10枚目
o1607
★オモト・万年青・リョウに斑も
▼2013.1.11撮影
●常緑
◆ユリ科オモト属
▲子どもの頃からあるオモトです。時々、葉の中央にリョウが出たり、 リョウに斑が入ったりします。
この頁の11枚目
o1608
★オモト・万年青・細い葉
▼2005.7.7撮影
●常緑
◆ユリ科オモト属
▲細くて小さなオモトです。襞が沢山です。
この頁の12枚目
o1701
★オリヅルランの花
▼2009.5.28撮影
●花期:5月〜7月
◆ユリ科オリヅルラン属
▲ランナーで増えます。寒さには弱いです。ランナーに小さな花が咲きます。
この頁の13枚目
o1731
★オルラヤ(オルレア)
▼2015.5.23撮影
●花期:5月〜6月
◆セリ科オルラヤ属
▲種で更新するそうです。白い花が可愛いです。
この頁の14枚目
o1801
★オレガノ
▼2012.7.4撮影
●常緑・料理には若葉を利用
◆シソ科ハナハッカ属
▲非常に強い匂いのハーブ、臭くも感じますです。主にバジルソースに少量使います。
この頁の15枚目
o1802
★オレガノの花
▼2012.7.7撮影
●花期:6月〜7月
◆シソ科ハナハッカ属
▲5ミリほどの小さな白い花です。
この頁の16枚目
o1803
★オレガノ・ケントビューティー
▼2010.5.24撮影
●花期: 5月〜6月
◆シソ科ハナハッカ属
▲ハーブですが、花と香りを楽しむようです。
この頁の17枚目
o02101
★オレンジ・マーマレード(マーマレードの木)
▼2006.2.18撮影
●花期:2月〜3月
◆ナス科ストレプトソレン属
▲葉は2センチ花は3センチあります。咲き進むと朱色になります。
この頁の18枚目
o2301
★オーニソガラム・ヌタンス(ガラスの花)
▼2010.4.29撮影
●花期:4〜5月
◆ユリ科オーニソガラム属
▲ガラスの花と名付けられるのが分かる不思議な色合いです。
この頁の19枚目
o2201
★オーブリエチア
▼2006.3.28撮影
●花期:3月〜4月
◆アブラナ科オーブリエチア属(ムラサキナズナ属)
▲1センチ弱の小さな花ですが、濃淡の紫で、4枚の花びら、夏涼しいところなら多年草の 可能性もあるようですが、奈良では無理です。
この頁の20枚目

トップ ◆お1(a7) ◆か1(ka1)


inserted by FC2 system