大好きな花たち◆き6(ka9)

トップ ◆き5(ka8) ◆く1(ka10)

写真をクリック下さると、画面が多少大きくなって見やすくなります。
次のページも、ぜひをご覧下さい!。

★オオキンケイギクは→こちら
★ギンコウバイ銀香梅はマートル→こちら

ki5101
★ギンギアナム・ピンク
▼2011.5.2撮影
●花期:5月
◆ラン科デンドロビューム属
▲原種系デンドロビュームです。加温してないので、簡易フレームなどで冬越ししても高芽が出て、 花はごくわずかです。草丈も花もミニです。
この頁の1枚目
ki5111
★キンシウリ・金糸瓜の雄花
▼2013.9.13撮影
●花期:8月〜9月
◆ウリ科カボチャ属ペポ種
▲普通のカボチャより小さな花です。ペポ種で、おもちゃかぼちゃと同じ仲間です。
この頁の2枚目
ki5112
★キンシウリ・金糸瓜
▼2013.9.3撮影
●実花期:9月〜10月
◆ウリ科カボチャ属ペポ種属
▲前年に買ったキンシウリの種を蒔いて出来ました。日持ちします。 完熟したら黄色の外皮になります。
この頁の3枚目
ki5201
★キンジソウ(金時草)・スイゼンジナ(水前寺菜)の花
▼2009.5.19撮影
●花期:5月
◆キク科ギヌラ属(サンシチソウ属)
▲コウリンタンポポのような色の小さな花です。
この頁の4枚目
ki5202
★キンジソウ(金時草)・スイゼンジナ(水前寺菜)
▼2009.5.9撮影
●収穫:4月〜5月
◆キク科ギヌラ属(サンシチソウ属)
▲葉の裏が赤紫です。食べられる地方は限られてる気がします。栄養野菜だとか。
この頁の5枚目
ki5301
★キンセンカ・黄で茶芯
▼2008.5.22撮影
●花期:5月〜6月
◆キク科キンセンカ属
▲茶芯の方が馴染みがあります。
この頁の6枚目
ki5302
★キンセンカ・アンタレス
▼2008.6.1撮影
●花期:5月〜6月月
◆キク科キンセンカ属
▲通販の種です。地味色の不思議な色です。
この頁の7枚目
ki5303
★キンセンカ・黄で黄芯
▼2012.5.16撮影
●花期:5月
◆キク科キンセンカ属
▲お菓子のような雰囲気です。
この頁の8枚目
ki5304
★キンセンカ・みかん色で茶芯
▼2014.1.24撮影
●花期:1月〜3月
◆キク科キンセンカ属
▲苗で買ったので、大きな花で花弁も多かったです。
この頁の9枚目
ki5311
★カレンデュラ
▼2013.5.28撮影
●花期:5月〜6月と冬
◆キク科キンセンカ属
▲キンセンカ属=カレンデュラ属です。先祖帰りしたような花で、 カレンデュラの名前でした。 フユシラズよりは大きくて、上のキンセンカより小さいです。
この頁の10枚目
ki5401
★キンモクセイ
▼2012.10.24撮影
●花期:9月〜10月
◆モクセイ科モクセイ属
▲始めは薄い色で咲き始めて、濃い色になったら散ります。 1-2週間の間隔で2回咲くこともあります。
この頁の11枚目
ki5501
★キンレンカ・ナスタチューム・淡黄1
▼2007.4.10撮影
●暖かい場所なら周年
◆ノウゼンハレン科キンレンカ属
▲綺麗なハーブです。花も葉もピリッと美味しいです。
この頁の12枚目
ki5502
★キンレンカ・ナスタチューム・淡黄2
▼2011.6.24撮影
●暖かい場所なら周年
◆ノウゼンハレン科キンレンカ属
▲少し赤が入って綺麗です。
この頁の13枚目
ki5503
★キンレンカ・ナスタチューム・濃黄
▼2012.4.29撮影
●暖かい場所なら周年
◆ノウゼンハレン科キンレンカ属
▲鮮やか色です。花のサラダや付け合せにも綺麗です。
この頁の14枚目
ki5504
★キンレンカ・ナスタチューム・濃黄で朱入り
▼2005.11.30撮影
●暖かい場所なら周年
◆ノウゼンハレン科キンレンカ属
▲鮮やか色です。朱赤が入ると可愛いです。
この頁の15枚目
ki5505
★キンレンカ・ナスタチューム・朱
▼2008.4.27撮影
●暖かい場所なら周年
◆ノウゼンハレン科キンレンカ属
▲この色も多く咲きます。
この頁の16枚目
ki5506
★キンレンカ・ナスタチューム・朱赤
2006.12.5▼撮影
●暖かい場所なら周年
◆ノウゼンハレン科キンレンカ属
▲鮮やかな色でも味は変わりません。
この頁の17枚目
ki5507
★キンレンカ・ナスタチューム・黄肌色1
▼2006.5.30撮影
●暖かい場所なら周年
◆ノウゼンハレン科キンレンカ属
▲種を蒔いたのと苗を買ったのとが有ります。
この頁の18枚目
ki5508
★キンレンカ・ナスタチューム・黄肌色2
▼2011.6.24撮影
●暖かい場所なら周年
◆ノウゼンハレン科キンレンカ属
▲大人しい色です。
この頁の19枚目

トップ ◆き5(ka8) ◆く1(ka10)


inserted by FC2 system