大好きな花たち◆し4(sa7)

トップ ◆し3(sa6) ◆す1(sa8)

写真をクリック下さると、画面が多少大きくなって見やすくなります。次のページも、ぜひをご覧下さい!。

★次郎柿はカキ・柿→こちら
★西洋ジュウニヒトエはアジュガ→こちら
★ジュウヤクはドクダミ→こちら
★シュッコンバーベナはバーベナ→こちら
★ジューンベルはカンパニュラ・ジューンベル→こちら
★白花クマラはイチゴノキ→こちら

si2801
★シュウメイギク・白1
▼2012.10.13撮影
●花期:9月〜11月
◆キンポウゲ科アネモネ属
▲白は沢山あります。
この頁の1枚目
si2802
★シュウメイギク・白2
▼2013.10.3撮影
●花期:10月
◆キンポウゲ科アネモネ属
▲一重の株に変異が出ました。定着するかは?ですが。
この頁の2枚目
si2803
★シュウメイギクの種
▼2011.1.22撮影
●花期:12〜1月
◆キンポウゲ科アネモネ属
▲地下茎で増えています。種が飛んで生えるのは確認していません。
この頁の3枚目
si2804
★シュウメイギク・ピンク
▼2013.10.3撮影
●花期:9月〜11月
◆キンポウゲ科アネモネ属
▲ピンクが増えません。細々と命を繋いでいます。
この頁の4枚目
si2805
★> シュウメイギク・濃ピンク八重
▼2010.10.24撮影
●花期:9月〜11月
◆キンポウゲ科アネモネ属
▲八重の方が原種かも知れません。鉢中で消えたと思っていたら、地下茎で鉢外に出て、生きていました。
この頁の5枚目
si3101
★シュンギク・春菊
▼2016.4.25撮影
●花期:5月
◆キク科キク属
▲奈良ではキクナで通じます。切り花にしたら、光方向に花茎が動きます。黄色1色も咲きます。
この頁の6枚目
si3201
★ジューンベリーの花1
▼2010.4.10撮影
●花期:4月
◆バラ科ザイフリボク属
▲2本別の方法で買いました。花の付き具合が違います。
この頁7の枚目
si3202
★ジューンベリー1の実
▼1010.6.2撮影
●花期:5月〜6月
◆バラ科ザイフリボク属
▲小さい実ですが赤紫が濃くなるほど、甘く熟します。
この頁の8枚目
si3203
★ジューンベリー2の花
▼2014.4.3撮影
●花期:4月
◆バラ科ザイフリボク属
▲こちらの方が軽やかな花です。
この頁の9枚目
si3204
★ジューンベリー2の実
▼2014.5.24撮影
●花期:5月〜6月
◆バラ科ザイフリボク属
▲2014年は木も大きくなってきて沢山実りましたが、野鳥に先を越され、かなり食べられてしまいました。 お勧めの家庭果樹です。
この頁の10枚目
si3204a
★ジューンベリー2の若い実
▼2017.4.27撮影
●花期:5月〜6月
◆バラ科ザイフリボク属
▲野バラのような形の実です。花後でまだ小さな実ですので、上向きですが、 やがて直上のように下向きになります。
この頁の11枚目
si3205
★ジューンベリー紅葉
▼2012.11.15撮影
●紅葉は11月〜12月
◆バラ科ザイフリボク属
▲綺麗に紅葉します。落葉樹です。
この頁の12枚目
si3301
★ショウジョウバカマ・白
▼2011.3.23撮影
●花期:3月〜4月
◆ユリ科ショウジョウバカマ属
▲奈良県内の母の里の山で採ってきました。たまたま白花でした。
この頁の13枚目
si3401
★シラン・紫蘭
▼2009.5.5撮影
●花期:5月〜6月
◆ラン科シラン属
▲場所をやれば増えます。
この頁の14枚目
si3402
★シラン・紫蘭の実
▼2013.1.6撮影
●花期:12〜1月
◆ラン科シラン属
▲種が熟して、鞘の中の種が覗いています。
この頁の15枚目
si3403
★シラン・口紅シラン1
▼2014.5.29撮影
●花期:5月
◆ラン科シラン属
▲自生です2014年に球根を買いましたが咲きません。数年前から小さな苗が挿し芽床に自生してるのは確認していました。そのうちの1-2株が口紅シランです。嬉しいビックリです。
この頁の16枚目
si3404
★シラン・口紅シラン2
▼2014.5.29撮影
●花期:5月
◆ラン科シラン属
▲嬉しいので2枚載せます。2茎あります。
この頁の17枚目
si3405
★シラン・ごく淡いピンク
▼2015.5.18撮影
●花期:5月
◆ラン科シラン属
▲自生です。2015年に3茎めで淡い色です。対比に赤紫のシランと撮りました。
この頁の18枚目
si3501
★シラー・カンパニュラータ(ツリガネズイセン)・ピンク
▼2013.5.9撮影
●花期:5月
◆ユリ科シラー属
▲細々と生きています。
この頁の19枚目
si3502
★シラー・カンパニュラータ(ツリガネズイセン)・白
▼2014.4.21撮影
●花期:4月
◆ユリ科シラー属
▲細々と生きています。
この頁の20枚目
si3511
★シラー・ベルビアナ
▼2014.5.14撮影
●花期:5月
◆ユリ科(ヒヤシンス科)シラー属属
▲球根を戴きました。
この頁の21枚目
si3521
★シロスジアマリリス葉と蕾
▼2016.10.7撮影
●花期:10月
◆ヒガンバナ科 ヒッペアストルム属
▲秋に咲くアマリリスです。葉の中心に白い筋が入ります。
この頁の22枚目
si3522
★シロスジアマリリス花
▼2016.10.12撮影
●花期:10月
◆ヒガンバナ科 ヒッペアストルム属
▲秋に咲くアマリリスです。春に咲く一重のアマリリスよりわずかに細身です。 4輪咲きました。綺麗な模様です。
この頁の23枚目
si3502
★シロタエギク
▼2014.7.22撮影
●花期:4月
◆キク科セネキオ属
▲花はメインではないですね。銀葉は美しいです。セントーレアとそっくりの葉です。
この頁の24枚目
si3601
★シロヤマブキ
▼2011.4.14撮影
●花期:4月
◆バラ科シロヤマブキ属
▲4枚花弁です。ヤマブキは5枚花弁で一重も八重も黄色です。
この頁の25枚目
si3602
★シロヤマブキの実
▼2012.8.24撮影
●実期:8月〜11月
◆バラ科シロヤマブキ属
▲お寺で実を貰ってきて蒔きました。孫苗も出来ています。
この頁の26枚目
si3701
★ジンジャー・ジンジャーリリー
▼2012.10.12撮影
●花期:9月〜11月
◆ショウガ科ヘディキウム属
▲良い香りがして、白くて綺麗です。
この頁の27枚目
si3711
★ジンジャー・食用小生姜
▼2011.9.13撮影
●花期:?月
◆ショウガ科ショウガ属
▲どんな花が咲くのか見たくて、種用の小生姜を買いました。ミョウガより細い茎と葉で、 花は咲きませんでした。
この頁の28枚目
si3801
★ジンチョウゲ
▼2010.3.2撮影
●花期:3月
◆ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属
▲蕾の期間が長いです。良い香りの花です。
この頁の29枚目


si4101
★シンビジューム・淡ピンク
▼2007.3.20撮影
●花期:3月〜4月
◆ラン科シンビジウム属
▲上品なピンクです。
この頁の30枚目

si4102
★シンビジューム・ピンク
▼2013.3.5撮影
●花期:1月〜4月
◆ラン科シンビジウム属
▲沢山咲いた年もありました。
この頁の31枚目

si4111
★シンビジューム・濃黄
▼2014.4.8撮影
●花期:3月〜4月
◆ラン科シンビジウム属
▲強い印象のシンピです。
この頁の32枚目

si4112
★シンビジューム黄・ラブメッセンジャー・テレパシイ・Cymbidium Love Messenger 'Telepathy'
▼2013.4.22撮影
●花期:3月〜4月
◆ラン科シンビジウム属
▲軽やかな黄色で綺麗です。1輪が径9cmの大きな花です。
この頁の33枚目

si4121
★シンビジューム・赤紫
▼2009.4.11撮影
●花期:3月〜4月
◆ラン科シンビジウム属
▲濃い色も珍しいと思って当時買いました。
この頁の34枚目

si4131
★シンビジューム小・黄緑
▼2013.3.3撮影
●花期:3月〜4月
◆ラン科シンビジウム属
▲小さ目のシンピです。
この頁の35枚目

si4141
★シンビジューム小・赤茶・キンリョウヘン(金稜辺)
▼2013.4.18撮影
●花期:4月〜5月
◆ラン科シンビジウム属
▲40年も前に戴きました。中国南部原産のシンビジウムだそうです。
この頁の36枚目

si4151
★シンピジューム・クレセントティアーズ'スマイル'
▼2014.12.2撮影
●花期:3月〜4月
◆ラン科シンビジウム属
▲小さ目のシンピです。
この頁の37枚目

si4161
★シンピジューム・フォルテッシモ・ピアニスト(Cymbidium Fortissimo Pianist)
▼2016.12.16撮影
●花期:4月〜5月
◆ラン科シンビジウム属
▲草丈95cm、花径11-13.5cmです。地味色ですが今まで買ったうちで、花径が一番大きくて豪華です。
この頁の38枚目

si4201
★シーマニア
▼2008.1.25撮影
●花期:1月〜3月
◆イワタバコ科グロクシニア属(シーマニア属)
▲金魚の口のようで可愛いですが、低温に弱いです。
この頁の39枚目

トップ ◆し3(sa6) ◆す1(sa8)


inserted by FC2 system